戦場のメッセンジャー、功績係の見た現実。「ペリリュー - 楽園のゲルニカ -」(一巻)を読んだ。


内容紹介
昭和19年、夏。太平洋戦争末期のペリリュー島に漫画家志望の兵士、田丸はいた。そこはサンゴ礁の海に囲まれ、美しい森に覆われた楽園。そして日米合わせて5万人の兵士が殺し合う狂気の戦場。当時、東洋一と謳われた飛行場奪取を目的に襲い掛かる米軍の精鋭4万。迎え撃つは『徹底持久』を命じられた日本軍守備隊1万。祖国から遠く離れた小さな島で、彼らは何のために戦い、何を思い生きたのか──!?『戦争』の時代に生きた若者の長く忘れ去られた真実の記録!

戦争について条件反射、というか思考停止してダメだ!と主張する気は全くない。
もちろん戦争なんか起きて欲しいだなんて全く思わない、しかし戦争に至るまでにどのような経緯があったのかをちゃんと理解することが大切。それがここ最近強く思う事。

ところでいわゆる「戦争経験者」は私の周りにはもういない。
だから生の声を聞くという事も学校行事で語り部さんから聞いたことくらいかもしれない。
一方で学校の歴史の教科書はいつもこのあたりの時代の取り扱いは極めて薄っぺらだ。
日本はどういう経緯で開戦に踏み切ったのか当時の情勢を色眼鏡なしに分析してその結果を
知る事、その事実からどのような事を学び取れるかという所までする必要があると思う。
「戦争反対」とだけ叫んでいればいいというのはただの思考停止なのだから・・。

本作は本屋さんで見かけた一冊。可愛らしい絵柄で油断をしていた私がばかだった。
この作品に描かれるのは「リアル」であろう戦場の記録。
赤く染まった肉片、人間だったなにかが散乱する戦場に身を置くのはペリリュー島の守備兵の田丸。田丸は漫画家志望で暇を見つけては漫画を描く。

そんな田丸に上官は「功績係」という任務を与えた。
戦死した人間がどのような姿だったのか、それを遺族に伝えるものだ。

ただしその任務は事実を描くのではなく、いかに立派に戦死をしたかという内容に
置き換えて漫画を描くものだったのだ。美辞麗句に固められた内容を見て遺族は
その雄姿に涙し、一方嘘で固めた話を作り上げる功績係の田丸は悩み苦しむ。
%e7%84%a1%e9%a1%8c引用元:ペリリュー - 楽園のゲルニカ -(1) P32-P33

本作の後半からは米軍が上陸を開始して地上戦が繰り広げられる。
田丸の所属する部隊はこれに応戦をするも大多数の戦友がそこで死ぬ。

「僕が行っている事は正しい事なのか」
田丸は苦しむ。

「ママ・・・」
致命傷を負った米国兵が泣きながらそうつぶやく。

戦死した戦友の亡骸を目に思う田丸。

「僕が、届けるんだ」
田丸は生きて帰ろう、そう胸に誓う。

衝撃の第一巻。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です