【お仕事】他人の目を気にしすぎる人に伝えたいひとつのヒント。


私自身が体験した事、つまり「他人の目を気にしすぎちゃう」という事。

私はドが付くほど人目を気にする人間だ。だから仕事上でトラブルが起きた時、
他人の目に曝されることを極端に嫌った時期があった。そう、極端に。

少し過去を振り返ってみる。

大勢の人の前で業務上のミスを上司に責められる機会があった。
私はそのミスに関する事実を認めたうえでなぜそういうミスを犯したか、ミスを取り戻す策は何か、改善策は何か等を淡々と述べるべきだった。でもできなかった、なぜなら人の目が気になって仕方がなかったからだ。集中できないのだ。

上司が私を責めるたびに私は心の中で「そんな大声で怒らなくたっていいのに」「ほかの人が見ている」等と上司の事はそっちのけ。そうした態度は上司をさらに逆上させる結果となる。

「お前はやる気があるのかないのか」

もちろんやる気はある、だけど人の目が気になって話が頭に入らない・・。

この件を振り返ってみて思ったのは、そもそもなぜ他人の目が気になるのかという事
例えば、無駄にプライドが高いというのもあるかもしれないし、または怒られ慣れていない
という事もあるかもしれない。前者については性格の一部なので治らないだろうし(それは
それでいい事だと思っている)、後者については一理あるのかもしれないけど今現在
怒られ慣れているかどうかと言われていると、・・・慣れていない(笑)
なのでたぶんこれは慣れの問題じゃなくて私のメンタルの弱さに違いない。
それはそれで仕方ない。うん。
まあなんていうか、これは私の性格のせいだ。(身も蓋もない)

じゃあ他人の目が気になることのデメリットってなんだろうと考えたとき、ふと思ったのが
他人の目を気にしている人ってなんだか薄っぺらに見えるという事。
会社にいる人たちを見回していると私だけじゃなくて他人の目を気にする人は結構いる。

そんな人たちは大抵、

・自分の意見を持たない(他人に迎合する)
・人の顔色ばかり見ている
・争いは避ける

って人が多い。というかこれ、私そのもの

そんな人たちってお世辞にもカッコいいとは言えない。ほんっと、薄っぺらに見える。
つまり私もそう思われているだろうなってこと。(書いてて悲しくなってきた)

性格は生来のもので、無理に変えようとするのはあまり好きじゃない。
性格はその人の個性、たとえ不都合な事をたくさん起こすような性格だとしても
いいところだってある。だから私は今の私の性格のままで生きていきたい。

じゃあどうするか、とりあえずはこうしてみる。

他人の目を目いっぱい気にする。ただし心の中だけで。

心の中だけでとはどういうことか。表面上のふるまいを変えてみるんです。
というか、演じるんです、次のように。

・他人が見ているんだから、おどおどしたりしない。
・他人が見ているんだから、冷静に落ち着いて話をする。
・他人が見ているんだから、言いたい事がある時は根拠を述べたうえで言う。

私の性格は治らない、でもそれはそれでいい。むしろ逆手にとってみる。
私は人に見られることに敏感だ。だから、一種の役者を演じてみる。
他人の目を気にしない人のようにふるまう(心の中では他人の目をきにしながら)
落ち着いて、冷静に、自分の意見を述べる。

そんな事を自分の中で宣言して数年が経ちました。
どうなったか。実はこれ、結構うまくいっています。他人の目が気になるのは今も同じ。
でも、うまく立ち振る舞いが出来るようになったんです。私にはこのやり方があってたみたい。

表面上そのようにふるまっても心の中がそれじゃ意味ないんじゃないかって思う事も
あったんですね。でも、自分は他人の目を気にするんだって自覚、もっというと
開き直ると自然と他人の目に曝されても落ち着くことが出来たんです。

この、「他人の目がものすごく気になる・・」って事で苦しんでる人ってたくさんいると思うんです。そんな人はまず自分の性格を否定するのはやめてあげてください、あなた自身が傷つくだけです。(ほんとに)

もちろん私の方法がすべての人の解決策になるだなんて思っていません、ただ私はあえて逆手にとるというやり方で私が持っていた短所は短所じゃなくなりつつあるというのも事実です。

この体験談、何かの参考というかヒントになったらうれしいなって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です