TOEIC800点台を目指すお話し / 第7回 発音記号「ӕ」は名古屋弁でもよくつかわれる。


発音練習7日目終了、私も意外と続くものです。
一週間30分ぽっちだけど継続して発音練習を行う事が出来ました。
これもひとえに当サイトに来てくれる皆様のおかげです。

誰かが見ているっていう状況はとても使える。
適度な緊張感ってやっぱり大切なんだ、うん。
ほら、喫茶店で勉強するとはかどりますよね。あれと同じ。

さて、今日扱う発音記号は「ӕ」です。

この発音記号は非円唇前舌狭めの広母音と呼ばれるとの事。
ちょっとよく分かんないかもだけどよく字面を見れば言いたい事は少しわかる気がする。
まあなんていうか、「え」と「あ」の間くらいの音を出すとそれになります。

ちなみに言語例は下記のとおり。

  • 英語 – cat [kæt] (猫)

    cat、うん。これはよく使う。

  • 名古屋弁- うみゃあ [umæː] (うまい)

    マジか。

  • フィンランド語- mäki [ˈmæki] (丘)

    読めません。

  • スウェーデン語 – päron [ˈpæˌrɔn] (西洋ナシ(の木))

    読めません。

  • スロバキア語 – deväť [ˈɟevæc] (九)

    読めません。

  • ノルウェー語 – lær [læːɾ] (革)

    読めません。

本日の英語勉強
■発音練習:30分

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です