【ライフスタイル】白湯を飲むことによって実感した効果


こんばんは、今日の鎌倉は20℃前後とかなり涼しい一日でした。
徐々に秋が深まっていくのを実感する今日この頃・・。

さて、気温が下がってくると気を付けなければいけないのが
身体の冷えですよね。これは女性にとっては大きな問題ですし
男性にとっても他人事じゃあありません。

以前から私は「白湯」をよく飲むようにしています。かれこれ1年くらい経つでしょうか。
それで実感した事を三つ、ご紹介しようと思います。

が、その前に身体が冷えると何がいけないのかを簡単に振り返りたいと思います。

冷えが引き起こす症状

身体が冷えることにより起きる症状

・頭痛

・肩こり

・自律神経の乱れ

・肌荒れ

・倦怠感

・風邪を引きやすくなる

・筋肉痛

・便秘

・不眠

・むくみ

・太りやすくなる

etc

冷えは万病のもととはよく言ったもので、冷えによって引き起こされるトラブルは枚挙にいとまがありません。じゃあ暖かい服装をしよう、カイロを使おうというのも手ではありますが
根本的な解決にはならないようです。問題があるのはどうやら体の「中」のようなので。

どういうことか、一緒に見ていきましょう。

冷えが起きる理由

そもそもなぜ冷えが起きるのか、それは熱そのものを上手く作れていないからです。
例えば無理なダイエットなどを行ったり、例えば偏った食生活を送ったりすることで
必要とされるエネルギー(栄養)が摂取されないという状態に身体は陥ります。
するとそのエネルギーが足りない分、適切な量の熱が体内で作られないという仕組みです。
そしてその熱が不足すると血液の巡りが悪くなります。
血液の巡りが悪くなると当然隅々まで血液と共に熱の循環が滞りがちになります。
ちなみにそこで発生するのが、手足の冷えなのです。

まるでドミノのように冷えによる影響は体全体に広がっていくんですね。

ではどうするか、簡単に思いつくのが食生活の改善ですよね。
ただ、それに加えてぜひ習慣化してほしいのが「白湯」を飲む事なのです。
問題の体内を温かくするのです。

白湯について

ほら、あれです。お湯です(笑)
ですが白湯をなめてはいけません、冷え性の人はもう飲んでいると思いますが
まだ飲んでいないという方、すぐに始めてください。で、飲んでください。
私の場合は沸騰させたお湯を少しさましてから飲みます、大体ぬるいなって
思う温度でしょうか。(50℃~60℃)
作り方について専門家の方が動画で公開してくださっていますね、紹介させていただきます。

 

白湯を飲むタイミングと実感した効果

白湯を飲むタイミングですが、朝起きた後すぐに飲んで、寝る前に飲むのがいいと思います。
朝に白湯をゆっくり飲むことで体が起きる感覚を実感します、また朝は冷えていますので白湯を飲むことでじんわりと体が温かくなっていくので気持ちいいですよ。

また、白湯には腸内を洗浄する作用があるそうで事実、私も白湯を飲み始めてから腸の調子が
よくなりました。腸の調子が良くなるとお肌にもいいですしいいこと尽くし!
なお、基礎代謝があがったせいでしょうか。太りにくくなったのも実感しています
気温が大きく下がってしまう前に、白湯を飲む習慣をぜひつけてみませんか?

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です