【小説】リアルマリみての世界が実在した!?(2)


前回、一人で大騒ぎをしていた藤松ですけど続編の記事を書かせていただきます。
そう、例の不二聖心女子学院だけじゃなくまだスール制度に近い仕組みが
実在する学校があったのです。

それが同志社女子大学。

こちらでは「ビッグシスター制度」という制度があります。

初めて体験することが多い大学生活の新しい環境に、少しでも早く慣れ親しめるよう、入学前に新入生(リトルシスター)に上級生(ビッグシスター)を紹介します。約60年の歴史を持つ本学ならではの制度。心強い相談相手・良き友人として、先輩・後輩を超えた信頼関係を築けることが大きな魅力です。

あぁ、これは不二聖心女子の「エンジェル制度」とほぼ同じですね。
でも中学高校じゃなくて大学っていうのがポイントだと思います。

大学になると一人暮らしを始める子が多いはず、それだけでも大変なのに
大学生活は中高と違って自由度の高いものですからさらに大変です。

そこでこの制度が出来たんでしょうね。

ちなみに、この制度の対象者は条件があるそうです。こちらも引用させていただきます。

ビッグシスター制度を利用する流れ

ビッグシスター制度を利用する流れ

リトルシスターになるには?

寮生を除く新入生(自宅通学生・下宿生)が対象です。
インターネットで申し込みを受け付けます。
合格者に送付される「合格されたみなさまへ」に記載の申し込み専用ページへアクセスしてください。

ビッグシスターになるには?

2年次生以上の人なら、どなたでも結構です。毎年12月~1月ごろ、来年度の新入生のために、ビッグシスターを募集しています。申し込みはインターネットで受け付けます。申し込み専用ページは掲示、チラシ、または本学Webサイト「在学生の方へ」でお知らせします。

組み合わせ

組み合わせは、1人のビッグシスターに1人(ないしは2人)のリトルシスターを原則としています。あらかじめ参加を申し込んでいるビッグシスターの中から、リトルシスターの申し込みがあるごとに、随時、紹介していきます。学科や出身地・現住所などの地理的事情、趣味そのほか必要事項を参考にしながら組み合わせて、双方に紹介状を送ります。紹介状を受け取ったら、お互いに連絡を取り合い、活動が始まります。

 

上記にありますように、寮生を除く新入生が同制度を利用できるという事ですね。
それにしても学科や出身地のマッチングを行うってあたり、物凄くきめ細かいなぁ。
まぁ、マリみてのスール制度とはやっぱりニュアンスが大きく異なりますけど
それでもこの制度、利用してみたいなぁ。そう思いません?

あとあと、関西弁で交わされるシスターの会話、あぁかわいいだろうなぁ絶対。
色々と妄想が膨らむ・・。とても素敵です。

 

あ、同志社女子のご出身の方、詳しい事を教えてください。(真顔)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です