【鎌倉】究極の玉子焼きを食べに行った。「玉子焼き おざわ」


折角鎌倉に移り住んだのだからという事で折を見て鎌倉の食のレポートをしてまいります。
今回は記念すべき第1回。

という事で、今日は「玉子焼 おざわ」に行ってまいりました。

玉子焼 おざわ

 住所:〒248-0006 神奈川県鎌倉市 小町2丁目9−6
 電話: 0467-23-5024
 営業時間: 平日11:30~17:00(売り切れ次第終了) ランチ営業、日曜営業
 定休日: 火曜日
※今月下旬はお休みが多いかもなので気になる方は事前にご確認を。

鎌倉に慣れていない人には厳しい立地

Image

おざわは人通りの多い小町通りから一本路地に入った場所にあります。
というかここ、なかなか見つけ辛い場所です。
ネットがあるから何とかわかったものの。。

外観はなんていうか、渋いスナック?(笑)が入ってそうなビルの二階にあります。
藤松がお店に訪れたときにはすでに10人ほどの待ち行列が!平日なのに・・・。
(さ、さすが名店・・)

仕方がないので30分ほど炎天下の中、本を読みながら待っていました。

店内へ

30分後、ようやく店内に入ることができました。メニューは次のような感じ。

玉子焼御膳   \1,300
鳥そぼろご飯 \1,000
手焼玉子焼一人前 \650
野沢菜              \450
お土産用玉子焼  \1,300
信州おやき
のざわな、ねぎみそ、しめじ、かぼちゃ、各\450
ジンジャエール  \450
缶ビール           \700

今回は初めてなので玉子焼御前と、ジンジャエールを頼みます。ジンジャエールをなぜ頼むか?
喉が渇いたからです・・。

玉子焼御膳の登場

 

Image (1)

御膳の内容は

ごはん with 昆布、明太子
玉子焼 (大きいサイズ3本)
野沢菜
なめこのお味噌汁

といった王道のラインナップでした。

30分待っていたのでさすがに汗をかいた私はジンジャエールを飲んだ後
なめこのお味噌汁を体に流し込みました。と、優しいみそ味と程よく絡んだ
なめこがおいしい!何気に塩分を体外に放出していたせいかゴクゴクと飲んでしまいます。

さて、主役の玉子焼ですがとにかく大きい。
女性陣はなかなか食べるのに時間がかかりそうな量です。
ともあれまずはお箸で玉子焼をつまんでみると玉子焼が綿あめのように裂けて中からジュワっとお汁が出てきました。
おおっと驚きながらもそのプルプルした玉子焼を口に運ぶと・・・おいしい・・・。
ものすごく出汁のきいた甘口の味が広がるんです。これはなんていうか、初めて食べる玉子焼きです。
食通の方だときっと、どういう物が使われているかわかるんでしょうね。私ですか?察してください・・。

プルプル&しっとりした玉子焼きじゃお汁を目いっぱい含んでいてパサつきがなく、意外にがんがん食べることができました。

女性陣はもちろん男性陣もおなかいっぱいになれること間違いなし。
食いしん坊な方はご飯もお代わりできます。200円追加だそうですが。

20分ほどで完食、おいしかった、あとおなか一杯・・。
1,300円で質も量も満足です・・。

今度はビールを飲みながら玉子焼きのみを頼むだなんてオシャレなオーダーをしてみたいなと思う私。

(終)

 

スポンサーリンク