TOEIC800点台を目指すお話し / 第13回 ハウルの動く城でシャドウイングを始めました。


ひたすら発音練習を続ける事約20日、続けるっていいことですね。私、成長した気がします!
以前、「発音できる単語についてはある程度聞き取れるようになった」とお話ししましたが
最近では「そもそも知らない単語も何となく聞き取れる」ようになったんです。
ああ、ここはrで発音してるしXXXXって単語だろうなという風に。
・・・・・面白い!笑

何事もやっぱり原点から始める事の大切さを英語の勉強で学ぶ私。
そう、発音は英語の基礎中の基礎。その基礎練習をまがりなりにも続けてきたおかげで
いわゆる「土台」がしっかりしてきたという感覚に手ごたえを覚える私。
・・・・これ、いけるんじゃないか?

という事で昨日あたりから発音練習と同時にシャドウイングも開始しています。
シャドウイングのシャドウとはそう、影の事。
シャドウイングとは影のごとく聞いた英語をオウム返しのごとく繰り返す作業なのです
例えば

It takes a great bravery to stand up to out enemies

なんてセリフを聞いたとする。聞いた直後にまず頭の中で整理をする。
整理をした後シャドウイングを始める。「イッテイクサグレイト・・・」という風に。
ただしこの一連の行動ってまだまだ慣れていない事もあって無駄がある気がします。
ネイティブはそもそも「整理」なんてもの、無意識にするじゃないですか、私たちが日本語を聞く時と同じように。この「整理」という手順が入っている時点でまだまだ英語になれていないと感じています。あくまでも「瞬時に整理(というか理解)」する位に技術を高める必要があります。(そのためにはリーディングをやらなきゃですね)

さてさて、シャドウイングをするにあたって私は何か映画でも見ながらしようと思ったのです。そこで選んだのが「ハウルの動く城」。どうしてハウルか。すみません、たまたま家にあったからという理由で特に意味はありません。
でもまぁ、なんとかなるかー!と思ってシャドウイング開始。

・・・・

・・・・・わからん。

そもそも英語吹き替え版の声優さんのスピードに殆どついていけない私。
で、付属の英語字幕はしゃべっている英文とは確実に違う英文を字幕として載せてあるので
正直英語の教材として使うには不向きでした。まあ、そもそも勉強をするものじゃないんですけどね。

という事で今の私は断片的にしか単語を聞き取って内容を理解するレベルの様でした。

すみません、そんな発音練習20日位で英語がすらすら聞き取れるだなんて大間違いっていうツッコミはごもっともです。ただし、それなりに手ごたえはあったんですよ。ひぃ、泣きたい。
まだまだ道は長そうです、ハウルもいいですが平易な英語を扱っているディズニー映画あたりに切り替える事も考えながら今日も英語の勉強を続けていきます。

がんばるぞー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です