デジタルデトックスとかじゃなく、私がスマホを持たずに一日を過ごしたお話(2)


「え、連載モノなの?」

とある読者様からこんなお言葉をいただきましたが
ううん、大丈夫です。これで終わりです。
だから大丈夫(何が)

で、どんなお話をしていたかというと
「スマホを忘れたままお仕事に出ちゃって大変だというアレ」です。

スポンサードリンク

「当たり前」が無い時に気づいた「習慣」の存在。

「ああ、文庫本も忘れてるじゃん・・・」

スマホを忘れたから文庫本を読もうと思ったら本も忘れていた。
電車の中で何をやればいいのってお話です。
・・・まあ、いろいろできますけど。

例えば目の前に座っているこの人、スーツの男性。
お口を開けて思いっきり寝ています。真上を向いて。
あ、写真はフリー素材ですよ!
当たり前じゃないですか、盗撮なんかしませんよ!変態!
というか、スマホが無いから写真が撮れない。

で、大丈夫かな、この格好、体に負担かからないのかなって心配してたら
急にこの男性、むせて目を覚ましてしまいます。
それも当然です、喉を圧迫しちゃうからだよ。

お父さん、毎日お疲れ様です、でもごめんなさい、すごく面白い・・・。

こんな場面はそうそうお目にかかれない。

誰かに伝えたい、この気持ち!

私はカバンの中を見てスマホを探す。

・・あっ

だから、スマホは、ないん、だって。(ここまで実話)

 

何が恐ろしいかというと、とりあえずの行動の先にスマホがあるという事。
まずはスマホ、とりあえずスマホ、とりまスマホ(とりまを言いたいだけ)。

これはある種の習慣だと思うんです。そうしないと気持ちの悪い状態になるみたいな。

例えば毎日歯を磨かないと気持ちが悪いですもんね、これって習慣。
例えば毎日お風呂に入らないと気持ちが悪いですもんね、これも習慣。
例えば毎日あんスタを起動しないと気持ちが悪いですもんね、これも残念ながら習慣。

・・ああ、でもこうやって見ると色んな習慣があるんだなぁ。

習慣は無意識に自分を動かすことのできる状態ですよね、よくも悪くも。
で、色々考えてみたんです。私の中でいい習慣、わるい習慣ってなんだろうって。
毎日30分でも勉強をする、これはいい習慣。
お仕事から帰るとリビングですぐ寝ちゃう、これは悪い習慣。

あ、スマホをいじることはわるい事だとは思ってないです、
ただスマホをいじりすぎなければ、生活に悪影響を及ぼさない範囲であれば、
全然かまわないと思うんです。
ソシャゲーに没頭しすぎちゃうだとか
一日の大半をスマホとにらめっこして過ごすとかしなければ。
何事もバランスが大事。

うーん、いつも当たり前のようにあるスマホが無いだけで
自分の習慣を振り返ったりするだなんて思わなかった。
皆さんもどうです?習慣の棚卸。
その習慣の中にスマホに関する事項はどれくらい含まれていますか?
ちょっと多いかなって思ったら少し制限するのもありかもですよ。

私の場合、スマホに限らず意味不明な習慣があることに気が付いたので
そういうのはやめていこうかなって思ってます。
事実、習慣の無駄をなくしていくと自由な時間が少し増えそうなんですよね、素晴らしい!
え、どんな習慣なのって?聞かないで・・。

うん、でもいい気分。

誰かに伝えたい、この気持ち!

私はカバンの中を見る。

あれ?なんで中を見たんだっけ。・・あっ(以下ループ)