【連載】ネガティブ村井さん(2)


出来た!篠本さんの保守見積もり!

結局あの後私は篠本さんの保守見積もりに全身全霊を注いだ。
だって篠本さんが大好きだもの、シンプルイズベスト。
メールに保守見積もりを添付して、送信。
・・・疲れた、時間は午後8時。周りは徐々に少なくなってきてる。
というか私がこの時間にいるのって結構珍しい。

と、さっそく篠本さんから返信のメールが。

「お疲れ様です、篠本です。早速のご対応ありがとうございます。
いつも助かります。 PS またチョコを持っていきますね」

はああああ、かっこいい、そしてこのさり気ない気遣い。篠本さんみたいな人とだけ
お仕事をしていきたい。何が悲しくて井内みたいなのと仕事しなきゃいけないんだって感じ。

そういえば井内の件もやらなきゃいけない、明日するか、いやそれはさすがにまずい。
篠本さんの愛のチロルチョコをもう一個食べて頑張る。

・・・疲れた、時間は午後10時。周りはほとんどいない。というか半径10mは人がいない。
この時間になると社内でもいつも遅くて有名な人だらけになってきてる。
中には業務そっちのけでアニメ見てる人もいるけどきっと休憩がてらなんだろう。(だよね?

井内の案件はひとまず完成。これはなにか明日の会議に使う資料だろうか、こまごまとした
数字がやたらと多かった。いたずらでどこかに卑猥な言葉でも
埋め込んでおいてやろうかと思ったけどこれもさすがにまずい。
篠本さんの愛のチロルチョコをさらにもう一個食べながら井内に資料を送付した。

デスクの上を片付けて帰ろうとしたとき井内からメールが届いた。

「お疲れ様です井内です。対応ありがとう。いつも助かります。」

・・・なにデレてるんだ、うれしいじゃないかこの野郎・・。

(続)

スポンサーリンク